アラフォー主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

4人の子育てをしながらフリーランスに転向するまでの挑戦記

MENU

蒔いた種はいずれ芽がでる。ならば、たくさん蒔いておこう!

4月最初は、怒涛の1週間でした。

 

新一年生の長女の学童が始まり、毎日お弁当作りに奮闘しながら、長男が春休み毎日サッカーの遠征やらなんやらで朝5〜6時台に弁当を持って出発したり、新年度の始まりか、これまで音沙汰なかった人たちから仕事の相談を、別々に3つももらいました。

 

もはやこれだけで手一杯で、次女やお腹の赤ちゃんまででは気が回らず、次女から一言、

「ママ、最近私の顔見て話を聞いてくれない…」

と言われてしまい反省しました(苦笑)

 

うぅ…ごめんよ…自覚は確かにある…

 

自覚を持って、彼女ともここ数日は過ごしています。

 

お腹の中の赤ちゃんは…問題なく成長していることを本日の検診で確認できたし、ポコポコ動いてるのも感じているし、元気そうだから、ちょっと大目に見てもらい、自分の時間に過ごして充てさせてもらおうっと。

 

突然3つと0.5コのお誘いが…

これまでご無沙汰だった人たちから、急に連絡が入りました。

 

1つ目は、後輩から紹介いただいた代理店の社長さん。

今お手伝いしている会社の携帯に突然ですのお電話だったので、仕事関係にしては記憶のない人…と思って知ってるような知らないような、曖昧な感じで受け答えしてたら、やっとリンクしました!

 

そういえば、会社の名刺渡してた!!

 

新しいサービスの日本での販売権を獲得したので、早々に話がしたい、とのこと。

 

承知しました!と3日後にアポを取り、オフィスへお邪魔してきました。

 

2つ目は、前職の先輩から。IT導入補助金を活用して導入してもらうための営業戦略を一緒に考えてお手伝いしてほしい、とこれまた以前の同窓会で盛り上がった話が浮上しました。

(詳しくはこちら→【持つべきものは友⁉︎】数時間の間に、突然仕事の話がいくつも舞い込んでくることもある - 39歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

 

3つ目は、前職の社長のところに、そろそろ4人目妊娠のご報告がてら挨拶に行かなければ…と思い、アポを取るため連絡したら、すぐに電話がかかってきて、急に一言。

「社長やらない?」

えっ???突然すぎる…

 

しかしこの手の話はこれまで何度も繰り広げられてきたので、一度落ち着いて話を聞いた方がいい、と思い、事情を伺ってみました。

 

どうやら、出資して始めたベンチャーの会社が思うように上手くいっていないらしい…

その会社、立ち上げの時に少し私も関わりましたが、新社長や会長の濃さに圧迫され、私の出番はなさそう、との判断のもとフェードアウトした案件でした。

途中、進捗はなんとなく聞いていたものの、上手くいってない感はあり、やっぱりね…と思っていたところ、またまた私にこの話が…

諸事情ありそうで、私が入ったところで上手くいくとは思えないですし、そもそも出産予定を報告するためにお邪魔しようと思ってたくらいだったので、まずは身の上から電話で説明…

「私を思い出してくださったのは有難いのですが、実はただいま4人目を妊娠中でして…」と話しましたが、

「いや、いまやれることは限られてるし、どちらかというとコンサルみたいな立場で、何をすべきか、とか意見が欲しいだけだから、定期的に出社する必要もないし、妊娠中でも全然大丈夫!」と逆に説得されてしまいました。

…ということで、こちらの件も次の経営会議にとりあえず参加せよ、という指令に従い、ただの訪問から、仕事の話に発展することとなりました。

 

最後の0.5案件とは、旦那に、後輩からの紹介の話と前職の社長からの話をした時に、デジタルマーケティングの話で盛り上がり、それならオレもお願いしたい案件ある、突然のオファーが…

 

ネットリテラシーはほぼゼロの社長から、サイトの集客のアドバイスと管理やってくれないか、というオファーを旦那自身が受けたのですが、正直旦那もそこの知識は高くないので、まだ多少ある嫁に…てことで回ってきた話です。今は、広告代理店中なりの金額を払って丸投げしているようですが、データや結果をもらっても全くわからないので、もしかして払い過ぎなのかも、という懸念もあるようなのです。

アドワーズなどの簡単な操作なら私でも確かに出来るので、ちょっと見てみようかと思って、とりあえずレポートだけ送ってもらいました。

 

早めのレスポンスが鍵!

これだけ同時期に来たら、動けるものから動いていくしかない!

とにかく、先方の求めるもの出して…と各オフアー対応しました。

 

1つ目の後輩から紹介された会社のオファーは…撃沈しました…

 

私の経験不足と機動的に動けない今の環境では、なんのお役にも立てないことが、社長のビジネスの話と求める業務内容を伺ってハッキリとわかってしまい、お役に立てそうになくすいません…とお詫びしてオフィスを後にしました。

これが出来る!とハッタリかませるほど若くもないですし、とにかくやります!と言えるほど、時間もかけられない、という現実…

 

あまりに意気消沈すぎて、思わずツイッターでも呟いてしまいました。

 

 

私、もう少し色々勉強してくれば良かった、と反省した訪問でした。

 

まぁ引きずっている暇はない!次いこ!

と気持ちを切り替えるために、次の先輩からの打診に着手しました。

 

IT導入補助金の概要と、営業についてまとめた資料を1日で作成し、先輩に送付しました。

 

しかし今年度の補助金は、ハードルが上がっていてなかなか厳しい…

 

結局、対象金額が高すぎて、先輩のサービスと親和性が低い、との判断から、IT導入補助金を活用することは断念する、という判断になりました。

 

うーん、なかなか上手くいかないものです…

 

まぁ、次いこ!

 

前職の社長からの経営会議の参加要請は来週なので、とりあえず来週までは、サービスサイトの現状把握に勤しみます。

 

とにかく、頂いた話は早めに応える、が大事ですね。 結果はどうあれ、勢いないと、大抵話は立ち消えていくものですし…

 

種は捲くべき

こんなにまとめて話が来ることは滅多にないですが、4月に入ってやはり人も事業も動いているのが、どこにも所属していない私でさえ感じられた一週間でした。

どんな可能性もとにかく触ってみる、トライしてみる、のが大事ですね…

 

今すぐに結果が出なくても、捲けそうな種は蒔いてみる!

 

それから、成功者もひとつやってそれが成功しているわけではなく、やはり何十通りも試して一個当たれば御の字!の姿勢で頑張ってることを聞いたり見たりしています。

 

やはり、いろいろやってみてナンボ!の気持ちで動く大事さを学びました。

 

ゆっくり亀さんだけど、もう一歩進んでやりたいこと、トライしてみます!

 

社会人としてはいろいろなハンデも抱えてますが、そのハンデを持って何が出来るか、次の人に少しでも役に立てるように体当たりで、経験談も語っていきたいです。