39歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

3人の子育てをしながらフリーランスに転向するまでの挑戦記

有言実行とか言っておいて、完全に有言不実行になってしまった… しかし私は折れない!

新年明けましておめでとうございます🎉

 

だいぶ遅いですが、2018年初めての記事です!

…でも書きづらい…

 

なぜって、それは…

自分に課した有言実行と言う名のやる事を全てブッチしたから!!

 

…はい、昨年末、こんな↓↓タイトルで書いておいて、全てできませんでした…

今年をまだ終わらせない!有言実行! - 38歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

 

こう言う時は心折れて、ここで挫折…なんてことがまさにあるあるですが、私負けません!

 

なぜなら、不可抗力と言う名の言い訳山ほど用意できますからー!

 

私のある意味壮絶な年末年始を過ごしました…

予定外のことばかりの年末年始、これもまた記念に書いとこ、と思わせてくれるようなことばかり…

 

予想外の年末年始 その1 猛威払うインフルエンザ

 

そう、有言実行!と気合い入れて書いたあの記事は12月26日でしたが、まさに翌日からインフルエンザの嵐に我が家は襲われました…

 

翌日は、旦那が出張の為、朝から子供達を園に送る当番も私がやらないといけないので、いつも以上に大忙し。

 

その上、子供達の鼻水と咳がかなり出ているし、明日からいつも通ってる病院は年末の休みに入るから、午前中病院に寄ってから園には連れて行こう!

と、会社には病院に連れて行ってから出社する旨と連絡し、3人とも耳鼻科に連れて行きました。

 

いつもより多めの咳止め痰切りの薬をもらい、また副鼻腔炎の息子には抗生物質ももらい、大急ぎで園におくり、長男はお友達の家に送り、さぁこれでようやく出社できる!

といつもより乗客が少ない電車で快適に出社した、と思ったら、

保育園から電話!

まだ出社して1時間も経ってないのに!!

 

次女38.1度の熱ですと…

あらー…それはしんどいわ…

でもでも、会社でしかできない契約書の発送作業とかまだ残ってるからな…

 

しかし、旦那は出張中… 

そして、ばあばもお友達と遠くにお出かけ中…

かくなる上は、じいじ!

 

しかし、じいじもお仕事中…

 

30分だけ会社でやらなきゃいけないことだけやって、それから出よう!

 

1時間半後にはお迎えに行く旨を園には伝え、超マッハで片付けます!

 

そして、年末の挨拶もそこそこに、残りの仕事は家でやる旨を伝え、会社をあとに。

 

次女を迎えに行くと、先生が長女も熱を何度も計ったが、上がらない。しかし、熱が上がらなくてもインフルになったケースもあり、また予防接種していてもなった人もいるので、次女はもちろんのこと、長女も調べた方がいい、としきりに勧められました。

 

えぇ、インフル⁉︎

 

うち、自慢じゃないけど、この3年ぐらいは、R1ヨーグルトをずっと食べ続けてるからインフルにはなってないんだけどなぁ…

 

て、こんなことは全くの言い訳になりませんから言っちゃダメです。

そして、その代わりに予防接種を受けたかどうかを各病院、それから友人たちから、しきりに聞かれるので、うんざりしました…

予防接種をしてもかかったことがあるので、インフルの予防接種を信じていなくて、R1ヨーグルトに頼っていたけど、こんなに聞かれるなら、いっそ予防接種した方がいいかも、とさえ思ったほどです。

 

まぁとにかく調べたらいいんでしょ!

ぐらいの気持ちで、

先生には

わかりました、インフルかどうか確認してきます。

と伝え、病院に向かいました。

 

午前中耳鼻科に行ったばかりなのに、今度は内科か小児科か…

 

しかし、この時期、いつも通ってる小児科はもう年末の休みに入っている。

 

通ったことのないけどまだやってる唯一の小児科は、夕方4時にならないと午後の診療を受けさせてくれない。

じゃ3時に午後の診察が開始される隣の内科に行ってみるか。

今はまだ1時半だから、このまま家に帰ったら出るのが億劫になりそうだし…と、

可哀想だけど、38.1度の次女と、まだ園で友達と遊びたかったのに無理やり一緒に帰された長女を引き連れて、病院の入ってるビルだけじゃ飽き足らず、寒空の下ウロウロして3時を待ちました。

 

そして、3時!いざ内科へ!

しかし…子どもはここではインフルかどうかは診てもらえない、とのこと…

 

そうですか…じゃ、4時の小児科が開くまで待ちますか…

 

更に1時間、ウロウロ…

あぁしんどいだろうなぁ、可哀想に子供たち。てか、私もだんだんしんどくなってきたわ…

 

そして、ようやく4時!

小児科へいざ!

 

4時半頃にようやく自分たちの番が来て、先生に事情を説明したら、

発熱してから半日ぐらいは経たないとインフルかどうか判定できないことがあるので、もしかしたら今の時点では判定できないかも…と半ば脅されながらも、次女だけ調べてもらいました。すると、すぐにインフルエンザB型と判明!!

 

インフルだった…

R1ヨーグルトも効かなかった…

最近、食べるの怠っていて冷蔵庫に溜まってたのがいけなかったか?とまだR1ヨーグルト説を信じたいが…

 

ようやく薬をもらって、家に着いたのは、園へ迎えに行ってから4時間半後。

帰宅したら、娘たちはぐったりしていて(そりゃほぼ外をウロウロしつづけていたからね…)、2人とも夕飯もお風呂も入らずにそのままリビングで到着後わずか30分も経たずに就寝ー…

 

その夜は、珍しい長男と2人だけの静かな時間と、パソコンを開けて残りの仕事をして過ごしました。

 

あぁ、なんか過酷な1日だったなぁ…

 

と感じたのは、どうやら私も体調がイマイチだったからのようで、翌朝起きたら、なんと私が38度!

 

コレはまさかの…

 

病院、どうしよ?

すでにインフルの次女を連れてはいけないし、旦那は出張中だし、こうなりゃ長男に頼るしかない!

1年生の息子よ、妹2人と留守番していてくれるかな?すぐに帰ってくるから!

と伝えたら、長男も珍しくか弱い声で

「オレも熱あるかも…」

と…

計ったら38度、ありました…

 

はぁ、これは、これは、かなりのピンチ!

やってる病院も限られてるし、当てにしてる内科がやっていなければ、相当時間がかかるであろう総合病院に行かなければ…

 

申し訳ないが、おじいちゃんとおばあちゃんを頼るしかない!予防接種もしてないから、感染したら申し訳ないけども…他に頼れる人がいない…

事情を話したら、

もうこうなりゃ皆まとめて面倒見るから、迎えに行くね、

と太っ腹な回答をいただき、おじいちゃんとおばあちゃんに迎えに来てもらいました。

皆でおじいちゃんの家に避難する前に、ギリギリやっていた内科の病院へ、息子と私で急ぎます。

その病院は、おじいちゃん先生で、うちの旦那が「あの先生は目が見えていない!オレが注射してもらった時、全然違うところにバンドエイド貼られた」と言って敬遠していた病院で…

でも背に腹は変えられない!

インフルの判定は目が見えるかどうか関係ないもんね!

2人で急いで向かいました。

 

そして、はい、2人ともインフルB型でした…

 

これで、5人家族中3人が発症してしまった…しかも、じいじばあばさえ巻き込むことになるかも…

 

でも、もはや何もやる気が出てこない私の代わりができる旦那も未だ出張中だし、ここは頼るしかないなぁ…

 

とまさにモンゴル民族の大移動のように病人含め皆をおじいちゃんの家へ連れ帰ってもらい、そこでずーっと寝させてもらっていました。

 

これが年末の出来事です。

 

寝ている間、書くつもりだったブログネタ2個ほど書きましたが、最後まで書ききれず…まだ途中の状態で今もこのスマホの中に眠ってます。

 

そして、年賀状も結婚後初めてブッチしました。もういっそ、この機会に年賀状という制度は我が家は廃止しちゃおうかな…

 

そして、そして、やはり、おばあちゃんにうつってしまいました… これで4人目の犠牲者が…

残るは、パパ、長女、おじいちゃん。なんとかこの3人は発症せずに、年始を迎えました。

 

そして、年始は…

着の身着のままでおじいちゃんのお家に避難した状態で、そのまま今度はもう一方のおじいちゃんの家に大移動です。

こちらでは、インフルを撒き散らさないといいが…

いとこにうつさないように…弟の彼女(幼稚園の先生なんで)にうつさないように…

と、気を使いながらも、しっかり皆と触れ合い、お年玉をもらって、

さぁようやく我が家に久しぶりの帰宅だ!

と、帰ってきたら、

残りのパパと長女、発熱の上、インフルB型になりました… 

これから5日間は最低でも自宅謹慎です…

そしてそして、その間面倒をまた見にきてくれたおじいちゃんも発症…

 

その上!その上ですよ!私のスマホがぶっ壊れまして…この2日間全く使えず、先ほど修理してもらってようやく復活していまこの記事書いてます。

 

どうですか?立派な言い訳になりますよね笑

 

そんなことないか、インフルに侵されていた時も書けたし、実際漫画もたくさん読破しちゃったしな…

合間はいくらでもあったんで、やはりただの言い訳でした(苦笑)

 

こんなヘタレな私ですが、今年も書けるところまで書きますー。

 

どうか皆様飽きることなくお付き合いいただけたら嬉しいです!

 

今年もどうぞ宜しくお願いします!