39歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

3人の子育てをしながらフリーランスに転向するまでの挑戦記

MENU

お金と心のバランス

f:id:shinam:20181004102839j:plain

こんにちは、しなの(twitter@ & Instagram@)です!

 一昨日、上司からかけられた言葉にショーック!な出来事がありました。

 

 

 「もっとやれ」の一言

今お手伝いしている会社の予実管理データの操作も最近任された私ですが、今の会社のキャッシュフロー状況やら資金繰りなどの情報が、もはや丸見えで、厳しい状況なのを知ってしまった今、社長からグチまで漏らされ始め、しまいには

「おまえももっと出来るだろう。もっとやってくれ」と言われました。

 

えぇー!!これまでをやってないと思われている!?!?

 

私、思わず絶句しました。 

 

外出時間と労働時間によって評価される環境

「受注から手配までのお客様とのやりとり全て、受注管理、メーカーとのコミュニケーション、各所への実績報告の他に、サイトのメンテナンス、ショッピングページの製作、リセラーとの契約締結からページ製作含むフォロー、あなたから指示がはいる秘書的業務、などなど・・・やっていて、私はやれてないと思ってるんですか??私いなくなると全部止まりますよ!!」

 

言いたいけど言いませんでした…

 

しかし、他の人たちに対する愚痴もよくよく聞いていると、PCの前にいる仕事は、あまりカウントされておらず、外に出てなんぼ、と思ってる節があるようで。

 

私は、今は主にバックサポートがメインなので、外には基本出てないから、私の仕事そのものはあまり大変だと思ってない。

 

そして、保育園のお迎えもあるため、出社時間も短くて、且つ週3の出社条件なものだなら、労働時間も短いと見られている。自宅でもやってることはもちろん知ってるだろうけど、実際に会わない時間はカウントされていない模様。

 

確かに、前職の会社の創業社長もそういう節があったなぁ。仮にもネット関連会社なのに、外出てなんぼ!て確かにおかしい笑

 

ネット会社の創業社長でさえそんなものだから、今の会社の社長に至っては、そう思ってもしょうがないのかもしれない。

 

サイトを見やすく、商品をさらに魅力的に伝える、更には上手に誘導してネット上で商品が売れる、為にやっていくべき更新も、社長から言わせると

「ネットで簡単に売れるならオレたちはいらない。」とのことなので、かなり軽んじられてますし…

 

でも、今扱ってる製品はPCのソフトなんですよ。

 

ワタシ実は、時代と逆行している人と仕事してるのか…

 

そういう人には、なかなか理解してもらえないだろうなぁ。

 

実際、「どのくらい大変なのかわからないし」ですって…

 

 私のモチベーションはダダ下がりました。

 

もともと褒めることは、ほぼない人だってのはわかっていましたが、信頼されてるからこそ、なんでも仕事振られていたと思っていたところを、これまでの私の仕事に対する評価は、たいしてやってない、ですと!!

 

はい、これが一昨日の状況です。

 

共感してくれる人の大切さ、一方で冷静な一言を言ってもらえる相手も確かに有難い

それから悶々として、あぁ誰か私のこの気持ち聞いてくれないかなぁ、と旦那に話してみたものの…

 

旦那は私の今の仕事ぶりがわからないし、まずもって今やってる業界にまったく興味がないもので、話の聞き方がかなり雑なのです!!

 

自分のPCを開きながら、聞いてるのか聞いていないのかわからない怪しい返事。「ふーん」とか「そうなんだ」とか…

しまいには無言ですよ、相槌さえも打たずに自分のPCとにらめっこ…

 

あぁ、このイライラ懐かしい… 

前職の旅行飲食関係の仕事は、彼も興味のあった分野であったため、それはよく話も聞いてくれたけど、前々職の金融業はまーったく興味なしなので、わたしの仕事の話はまさに今回みたいないい加減な感じでしか聞いてくれず、

「あぁ、やはり所詮は他人。彼とは分かり合えないわ…(怒)」とイライラしていたのを思い出しました。

 

うーん…これはもうしょうがないか…自分でこの憤りを消化しなけれは!ということで、こちらに書いてしまったわけです。

 

でも描き進めていくうちに、これまた冷静になってまいりまして、わたしの中では「今この人は焦っているのだ。実績を出さないと今後が厳しい、という窮地に立たされているから」

と結論付けました。

 

そして、旦那が放った唯一の一言、

やっぱりお金が厳しいというのは、なかなかしんどいよね」で妙に納得できて…

 

お金と心のバランス

お金と心の安定は、やはりバランスしています。

前職は、お金には苦労しなかったのですが、売上が伸び悩んだ時期がありました。その頃は、確かに社長からのプレッシャーが半端なかったですね。やはり、外は出ろ!的な圧をよく営業たちにかけていました(苦笑)策が見当たらないからしょうがなかったのかもしれません。

しかし、あの会社にはお金があったので、いろいろ講じられる策さえあればトライできたので、前へ進めたのですが、今の会社はもはや新しいことをするためのお金がないもので、この状況が更に社長のプレッシャーになっているのでしょう。

 

表面ではどーん、と構えているけれども、事情を知っている私にはグチも混ぜつつ、ポロリと出てしまったんでしょうね。

これまで一切言われたことはなかったのですから、窮地に立たされて出てしまった一言。

 

そう考えると、ただただ腹立たしかった私は、社長に少し同情でき、一旦冷静になれました。

 

結論、うまく付き合いながらも、次へ進む準備だ!

 

とはいえ、思ってなければ出てこないですから、私はこの社長からの一言をもって決断しました。

 

引き継ぎ資料バンバン作っておこう。

 

 今日は、私と同じく今の状況を知っている経理担当の人とお昼を食べながら、言われた一言を共有しちゃいました。

 

「やってないとは絶対思ってないけどなぁ。だいたい、社長から私に聞いてくることの大半は、しなのさんがやってくれてますのでしなのさんに聞いてくださいって答えてるからね。」

と言ってくれて、少し心が救われました。

しかし、社長がどう思うかはまた別の話ですしね…

 

いや、本当は、もう1つ別の会社をお手伝いするから、週3勤務を減らしてもらおうと交渉しようか悩んでいたけどそんな場合じゃないわ… だって目に見えないと仕事してるにはカウントしてくれないワケだし…

 

うーん、でも、逆にこれを機に、今更社長にどう思われようとどうでもいいので、もっと任してもらうには、在宅にさせてもらったほうが費やせる時間も増えるし…とか言って交渉してみようかな。

 

うむむー…答えはまだ出せないけど、出さなきゃいけない時は近づいている気がする。

 

しかし、いろんな会社で仕事をしていくには、いろんな人と関わらなければならず、

いちいち上司の一言に反応していたら身体も心も持たないですなぁ・・・

 

もっと強靭な心を持たなければ!母になってだいぶ強くなった気がしたけど、気だけだったのかなぁ・・強靭な心で言えば旦那には歯が立たないし(笑)

まだまだ発展途上です。

 

 


フリーランスランキング