39歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

3人の子育てをしながらフリーランスに転向するまでの挑戦記

結婚10年記念日の過ごし方(後編)で、結局どう過ごしたの?

f:id:shinam:20171113125233j:plain

結婚記念日お祝いするために、記念日に無頓着な旦那を囲い込み

素晴らしい記念日にしようと試みましたが、作戦は失敗に終わりましたしなのです。

 

(詳しくはこちらをご覧ください↓↓

結婚10年記念日の過ごし方(前編)結婚記念日お祝いするための旦那囲い込み作戦 - 38歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

 

結局、「家で皆でお祝いしよう」と言い放たれ、一気にやる気をなくしました・・・

 

実際の結婚10年目記念日はどう過ごしたのか、余すところなくみなさまにお届けしましょう!

いや、お届けさせてください、私の記憶に残すためにも!!!

 

 

 

結婚10年記念日当日 午前6:00

とうとうこの日が来てしまった・・・

なーんにも事前の用意することなく・・・・

出かける用事もない、プレゼントもない、レストランの予約もしてない・・・

 

私がこの日を楽しみにしていたあの気持ちはどこへ行ってしまったんだろうか?

 

こんな時こそ走りに行こう!

現実逃避をしたい時はジョギングがオススメです。

 

会社勤めを辞めてから始めた私の習慣です。

 

子供が目を覚ます前に出発します!

 

(後のことはよろしく!)

 

家出する気分です。

 f:id:shinam:20171113131036j:image

走りながら、色々考えを整理します。

 

逆に考えれば、

何気無いこんな日常を

結婚10年経って無事過ごせてることに

感謝するべきなのかもしれない・・・

 f:id:shinam:20171113131127j:image

ってそんな清い心で感謝できないー!!!!

 清々しい朝だが、清々しい気持ちになれない…

 

もういい、徹底的に普通の日と同じに過ごしてやるわー!

 

とジョギングの途中にお気に入りのパン屋さんにより、

朝ごはんのパンたちと、家族皆のお気に入りのロールケーキを買います。

 

帰って、ロールケーキを見せて、これをお祝いのケーキ代わりにしようと提案。

 

一つ一つ切れていてお祝いするケーキの感じは全くありませんが、

 

「そこらへんで適当なケーキ買うより、お気に入りのロールケーキの方がいいでしょう」

ここで言う「適当な」というところに若干毒入れてしまいました。

はい、気持ちやさぐれてます。

 

でも刷り込みも大事よね!

「さぁ、みんな今日は何の日だ?」とクイズも出し、

子供達に「ママとパパの結婚記念日!」と答えてもらい、

皆に結婚記念日を刷り込みます(笑)

 

結婚10年記念日当日 午前10:00

娘たちは習い事に、そして旦那と息子は早速公園へ。

 

「このまま、サッカー行ってくるわー」ということで、

公園サッカーというスケジュールですでに夕方4時半までの

予定が決まりました。

 

はい、完全にいつものお休みと同じスケジュールです。

 

朝買って来たパンとおにぎりを持たせ、男チームを送り出し、

私は娘たちのお迎えに自転車で出発です。

 

待っている最中に、衝撃的なものを見てしまいました。

同じくお迎えにきたママさんが息子くんと虫かごを持って登場。

中には、カマキリと大きいバッタ。

 

「このカマキリにはこのバッタ大きすぎるかしら?」

と言うので、エッ?どういうこと?とつい聞いてしまったところ、

 

「いや、食べるにはバッタが大きすぎて食べないかなぁって」

ホォー、なるほど。カマキリのためのバッタなんですね。

そりゃそうですよね、一緒にいれるって言うことは。

 

まさに、生態系を直に学ぶ!

 

なんて軽く話していたら、

マジでその現場、その瞬間を

リアルに見てしまったのです!!!

 

カゴの上あたりにいたバッタと下にいるカマキリ、

この変わらない構図が突然変化したのです!

 

カマキリが、両方のカマで突然ガシッとバッタを捕らえ、

逃げようとするバッタをしっかり押さえ、

首と言ったらいいんだろうか、喉のあたりを

もぐもぐと食べ始めたのです。

その間、まだバッタは動いているんですよ。

 f:id:shinam:20171113131321j:image

人生初めてその瞬間を見て、もう私興奮

冷めやらぬ状態で、

「これは息子に見せねばならない!」

と必死に写真を撮りました。

 

いやぁ、コレもしかしたら

私の結婚10年記念日の一番の思い出になるかもしれない、

とさえ思いました。

 

結婚10年記念日当日 午前11:30

娘たちにもカマキリとバッタについて熱く語りながら

迎えのついでに夕飯の買い物にスーパーに寄ります。

 

ヤクルトの試飲をしているおばさんから

ヤクルトを大量に試飲させてもらい

「じゃぁお祝いにヤクルト買おう」

と意味わからないが、

ヤクルトを2セット買います。

 

数字のろうそくが売っていたので、

「じゃこれロールケーキにさそう」

と1と0の数字のろうそくを買います。

 f:id:shinam:20171113131446j:image

あとどうしようかなぁ。

気合い入れる料理をする気はさらさらないからなぁ。

 

ここで娘から「キーマカレー」のリクエストが!

おぉでかした娘よ!

そんな簡単なメニューで恐縮だが、

娘が言ったんなら誰も文句言うまい!

 

この時点でもやはりまだやさぐれてますねワタクシ。

 

必要なものを買い、家に帰り昼ごはんを食べます。

 

結婚10年記念日当日 午後1:30

さぁ午後はどうしようか?

男子チームはすでに終日不在が決定しているので、

女子チームは何をしよう?

 

いつもと同じお休み過ごすなら、やっぱりお昼寝じゃない?

しかし、

「公園に行こう!」との提案が2人一致で出てしまった。

 

「夕飯も簡単メニューだし、気合い入れてキッチン立つ必要も

ないから、ギリギリまで遊び倒そう!」

と言うことで公園へしゅっぱーつ!

 

公園では、同じ園のお友達と遭遇。

これは盛り上がらないわけなく、

夕方までたーっぷり遊びました。

 

その頃、男子チームはサッカーも終わり、そしてやはりまた

そのまま遊びに行き、全く帰ってくる気配ありません。

 

 

結婚10年記念日当日 午後4:30

ここまできてもまだ、

何か特別なことしてくれないかなぁ、

せめてご飯作るの手伝うとかさー

てのを期待しているのです。

 

でも、遊びに行ったきり帰ってきませんので

それもないですね・・・

 

ということで、気をとりなおして

「さぁ、皆でご飯を作ろー!」

 

ここで娘たち有難い・・

 

「私、野菜切るー」

野菜じゃなくて、手を切りそうだけどね、

でもそう言って、楽しんでやってくれるのは有難い!

お陰で私の気分も上がります!

 

「じゃぁ、パーティー気分を盛り上げるためにも

これをみんなで作ろうー」

と、クラッッカーにチーズ、サーモン、玉ねぎや

ブルスケッタの具(トマト)、子供達の分は

ハムチーズを乗っけて、お皿に並べていきます。

これだけでも少しパーティー感でるよね♪

f:id:shinam:20171113131521j:image 

 

これを3歳になったばかりの娘がやっている…

f:id:shinam:20171113131701j:image

「いやぁ、あなたはもすっかりおねぇさんですなぁ、こんなことができるなんて!」

 

この2人がしてくれた夕飯のお手伝いが、

私のやさぐれていた気持ちを癒してくれました。

 

10年も経つわけだわ、こんなに成長した娘たちを見れるんだから。

 

結局は、家族の成長によって10年を体感できました。

 

結婚10年記念日当日 午後6:00

やっとこさ、男子チームの帰還です。

 

旦那は、ビール6缶と辛口スパークリングワインを買って帰ってきました。

 f:id:shinam:20171113131722j:image

さぁ、パーティーの開始です!

 

皆で娘たちが作ってくれたクラッカーを食べながら、

ひとときの家族の団欒。

 

スパークリングワインはほどほどに、別のお酒に切り替えた私ですが、

旦那はほぼ1本を自分で開けまして・・・

そしたら、そのまま寝ました。

 

ロールケーキにろうそくを指すこともなく、

旦那が起きることもなく、

私は、まだ元気な子供達と共に、寝る間際までかくれんぼをし、

はい、終了ー!

 

私たちの結婚記念日は終了しました・・・

 

何でしょう、この消化不良な感じは?

ロールケーキにろうそくを指して、皆で祝えば満足だったのだろうか?

 

結婚10年記念日 翌朝

悪いと思っているのか、なんとなく私の機嫌が悪いことを感じているのか、朝からいつもより機敏に動きます。

 

悶々としている私は朝起きたらすぐに現実逃避の旅へー!

そう、ジョギングしにさっさと家を出ます。

 f:id:shinam:20171113131936j:image

帰って来ると、普段ならまったく動きのない洗濯機が動いている!

 

そして、普段なら洗濯が終了した洗濯物にまったく興味を示さない旦那が、

洗濯機から取り出し自ら干し始めます。

 

それは有難いが

 

ならいつもお願いしますよー!

 

そして、そんなんじゃ騙されへんからなー!!

 

とつい心の叫びが、漏れ出そうになります。

 

はい、これが記念すべき、いや記念にもならない結婚10年記念日当日、そして翌朝のお話です。

 

反省会

  1. 自分の気持ちは、ちゃんと言わなきゃわからない 
  2. 男は記念日なんて特に気にしてない、という前提で臨むこと

 

途中で諦めたから、私がいけないんです。

でも、諦めちゃダメなんです。

 

記念日はやっぱり特別な日にしたい。

プレゼントなんてなくてもいい。

せめて何かいつもと違うコト、

ご飯作るよ、とかだけでもいいんです、

何かいつもと違うコト。

非日常を味わいたかったんです。

 

どこまでいっても日常と変わらない、に私は不満だったんです。

それなら言えばいいのに、言えない私・・

そんな自分にも腹が立ってます。

 

結婚記念日を仕方なく祝うという先輩はこう言ってました。

「ここで何もやらなければ、妻にこれから先にずっとその時のことを言われ続ける」

 

確かに!よくわかってらっしゃる先輩!

私も後から言いそうだもん!

 

現に、義母は最近になって、

「お祝いなんて一切してくれなかったわ!

あの当時はお祝いどころか、子育てに全く参加してくれなかった。

これまで箸も用意させてきたことがないのにそれさえ当たり前だと思っている!」

と今更ながら、家に多くいるようになった義父にぶつけては、

義父無言、の話をよーーく聞きます。

 

ちなみに、この23年でようやく義父は、

義母のお誕生日にご飯を食べに連れて行くようになりました。

文句を言った甲斐はありました。

でも、義父の誕生日に義母は何もしません(笑)

これまでの私の献身的なあなたへのお世話を考えたら当然よね、

というのが義母の主張です。

 

私も、あとになって文句を言うのも嫌だし、

やっぱりその時に伝えて、次に活かさないと意味ないですよね

 

そうだ!やっぱり旦那に言おう!

ほんとは、当日楽しみにしていたのに

こんな不甲斐ない形で終わってむちゃくちゃ寂しい。と。

 

やっぱりこういう記念日がは大事にしたいんだから

こういうイベントには真摯に向き合って欲しい、と。

 

涙ながらに訴えてみようかな?それとも冷静に?

 

コレで終わったと思うな、旦那よー!

 

しかし、全く記憶に残らなそうな結婚記念日が、その時の自分の気持ちも含め、

こうやってブログに書き綴ることで、記憶に残る日となれたことも有り難い!

 

そして書いてるうちに冷静になって自分の反省すべきところも見えてくるから、やっぱりブログは素晴らしい!!

 

余談:モノじゃないならコトをプレゼントしよう

結婚記念日を前にして、旦那からプレゼントを期待するよりは

こちらからプレゼントしよう、と頭の隅ではずっと思っていました。

そもそも、私たちはずっとお互いプレゼントしあっていたし。

 

ここで考えたのは、手紙です。

 

f:id:shinam:20171113132512j:plain

普段伝えられない気持ちを素直に綴った手紙を書こう、と思っていました。

普段言えない文句じゃないですよ?

きちんとした、感謝と愛情を示す手紙です!

いやぁ、書きながら・・・恥ずかしい!

 

なかなか書かないですよね、これだけ一緒にいると。

親への手紙も結婚式以来だし、旦那に対しては・・・・

おそらく付き合って1年目の少しだけ遠距離恋愛していた時ぐらいでしょうか。

 

書きたいことはたくさん出てくるのですが、

素敵な便箋を買おうと思った頃には

記念日ギリギリにあのやる気ない会話が繰り広げられたもので、

(ご存知ない方はこちらをどうぞ↓↓

「あぁもういいわー!」となり、買わずに今に至ります・・・

 

これも書きながら反省中です・・

 

せめて書いて渡せばよかった・・・

 

いや、これから書いて渡すことにします!

 

だって、「10周年だからお祝いしたかった」と言うだけなら

一方的すぎますもんね。

 

そうしたいなら、自分からやらないといけないですね!

 

当日は、気持ちやさぐれているので完全に冷静な気持ちは

なくなっていてそれどころじゃなかったですが(笑)

 

こうやって思い出しながら書いてると、冷静になり

私もやるべきことが見えてきました。

 

よし、手紙は書いて絶対渡そう。

 

この後便箋買ってきます!

 

ブログランキング始めました〜