39歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

3人の子育てをしながらフリーランスに転向するまでの挑戦記

MENU

結婚10年記念日の過ごし方(前編)結婚記念日お祝いするための旦那囲い込み作戦

f:id:shinam:20171113122424j:plain


まずは一発目、一句失礼致します!

 

妻の機嫌

 

良くなるならば

 

祝いましょう

 

妻誕生日と

 

結婚記念日

 

その通り!こんにちはしなのですー。

 

待ちにまった結婚10年の記念日を迎え!

・・・というか過ぎて呆然としています。

 

10年目、もしくは節目をこれから迎える皆さまはぜひご参考くださいませ、

こうならないように・・・

 

 

他の結婚記念日とは違うよ、10年目の結婚記念日は!

結婚10周年と言ったら、スイートテンなんちゃらって言うじゃないですか!

(勝手に広告に踊らされてるだけかもしれませんが

 

だから、いろいろ考えて期待を膨らませていました!

 

10年目を自由の身で迎えられるなんて、なんてラッキー❤️

と辞める時にさえ思っていました。

 

いや、別にモノが欲しいわけじゃないから、後から思い出せるような記念になるコトしたいなぁ。

 

お泊り?

ちょっとステキなレストランでディナー?

なんなら、子供達預けてデート?

じゃせめて何かお揃いのものを買い合う?

 

いろいろ想像は膨らみますが、

何を実現するにも、

記念日ばかりは

相手の協力がなければ実現しません。

 

我が家の場合、コレがなかなか手強いのです・・・

 

記念日てのは、記念だけに

いつもと違うことをして

良い思い出にするものだと私は思っています。

 

でもこの概念旦那には通用しないみたいで・・

というか、多くの男性は同意見のようで、

こないだ男の先輩に言われました。

「女はすぐスイートテンとか言うからね

正直こっちはどうだっていいけど

まぁ、ご機嫌悪くなっちゃ困るから、レストラン行ってプレゼントしたよ」

 

そうかー、どうでもいいんだね、男の人は。

いやいや、男性のみなさんだって、付き合う前、付き合いたては色々一緒にやったでしょうに!

釣った魚に餌やらない、とはこのこと??

 

まぁ、私のお相手は、どうでもいい派典型ですから、どこかにいたって私にはもはや関係ないですが

 

でもこの先輩は偉いですよねー!

だってちゃんとレストラン行ってプレゼントもあげてるんですから!

 

うちの旦那ってば、記念日、誕生日平気で素通りできる典型なんです

 

そもそも誕生日も記念日も基本興味ない人で、

昔っからたいして祝ってもくれないし、若かりし頃はそれでよく、私もふてくされてました

誕生日も結婚記念日も、私だけがその日が来るまでやきもきして、来ても期待以上のことをしてもらった試しがない!

その日に何かやる、というこだわりも無い!

 

自分の誕生日も素通りされたって気にならないから、これまたこっちばかりが言いづらい

 

若い頃は、もう諦めればいいのに、毎年やきもきしちゃう自分が嫌でした。

 

ようやく学んだ旦那がこれまででマックス頑張ってくれたのは

駅前で買った花と誕生日ケーキを買ってきてくれたこと。

 

ダメですね、ここで喜ばなきゃいけないのに、

パターンがルーティン化して、あまり喜べない私

 

しかしそこは大人です。

 

「ありがとう・・」と反応は薄いけれど、

一応お礼は言います。

 

(でも、気づいてよー、もっと違うものたまにはさぁー!)

 

私の反応の薄さで、気づいてもらえないものだろうか?

 

いや、気づきません・・

むしろ、子供達が周りで騒いでいるもんで、

妻の薄い反応のなんて一気にかき消されます!

 

こんな私も、子供が生まれてきてからは

子供たち関連の記念日やイベントが増えたお陰で、

平気で自分の誕生日も素通りすることが出来るようになり、

気にならなくなりました。

 

でも、でも、でも、でも!!

結婚10年目の記念日くらいは盛大に祝ってもいいんじゃない?

 

だってさぁ、

他人だった二人が家族になって、

色々ありながらも

こうして10年目を迎えるわけですよ!

 

これは絶対何かやりたい!

 

ということで、

 

相手は記念日に対しては最強ラスボス級の旦那ですが、

 

あの手この手で囲い込み作戦だー!

 

結婚記念日お祝いするための旦那囲い込み作戦 その1 結婚式をしたレストランにて予習ランチ

f:id:shinam:20171113123456j:plain

仕事を辞めて間も無くのこと。

旦那から1日休めそうだから2人で出かけよう

とのお誘い。

 

これはチャーンス!

 

「じゃ、今年で結婚10年だし、

結婚式をしたレストランにランチしに行こうー!」

となりました。

 

「もちろん、当日もできれば行きたいなぁ」

とジャブ入れておきます。今から刷り込んで行かなきゃね!

 

そのレストランには、結婚2年目の私の誕生日に

食事に行ったきりだったので、

8年ぶりの訪問です。

 

そうだ、あの時はまだ祝ってくれていたんだ、

私の誕生日をレストランとか素敵な場所で!

話それました(笑)

 

そして、レストランでは、私たちの結婚式を担当してくれた

ウェディングプランナーの方が花束とともに

お出迎えしてくださり、とても感動しました!

 

その後も個人的に年賀状のやり取りはしていたんですが

お会いするのは10年ぶり!

 

子供が生まれてから二人で外出するなんて

ほとんどなかったので、

これはとにかく楽しかったです。

 

長男は7歳、ということはこの7年ほとんど二人きりで出かけていない・・・

その事実に愕然としました・・

そりゃ2人の関係も変わるはずだ。

むしろ変わらないはずない。

 

良い関係を築いていくには、

外でも2人だけで出かけるような

時間は大事だろうなぁ。

 

それが大事、

ということをお互い認識することが

さらに大事なんだろうなぁ。

 

この点においては、旦那も感じているようで

だからこそ実現したこのお出かけ。

 

有難い機会でした。

 

さぁ、次は記念日に向けて意識を高めていくぞー!

 

 

「今度は家族皆で本番の結婚記念日こちらでお祝いしたいです!」

と、担当してくださった方にも話をしてみたけれど、

この素敵な再会や超久しぶりの二人だけの食事に

旦那的にはこれで満足した感が・・・

 

「家族みんなでは難しいでしょーここは。

子供たちは楽しくないよこんなかしこまった食事は」

と一蹴されてはい終了ー・・・

 

そうか、ここには戻って来れそうにないか・・・

 

結婚記念日お祝いするための旦那囲い込み作戦 その2 スイートテン的なプレゼント計画

f:id:shinam:20171113123744j:plain

いつも肌身離さず持つ物は、

お互いプレゼントし合う習慣が

私たち夫婦にもあります。

 

好みもあるから、相手が欲しいと言ったものを

一緒に買いにいく、という形です。

 

結婚した年は、新婚旅行で行ったフランスで旦那には財布をプレゼントし、

その財布は今もまだ使っています。

私は何もらったのか、正直覚えていません。

 

結婚5年目には、お互いプレゼントし合おうということで、

私はお財布をもらい、そして旦那には時計をプレゼントしました。

 

さぁ10周年だし、何をお互いプレゼントすることにする?

 

あれ以来、なかなか気に入ったお財布が見つからず、だいぶボロボロになっても

未だおなじ財布を使っている旦那にはお財布を買ってあげたいけど、

好みに合うものがなかなか見つからない・・・

 

そして、私も特に欲しいものが見つからない・・・

 

「それじゃ、スイートテンとか言って指輪送ったりするじゃない?

なくしたことだし、結婚指輪買い直す?」

と私から提案。

 

そうなんです指輪なくしたんです・・

私じゃないですよ!旦那が!

 

どうやら駅のトイレで!いつだったかなぁ、

駅のトイレでなくした・・・と言われたのは。

子育てに必死だった時で、私の反応はだいぶ薄かった気がする。

 

「えーそうなんだ・・・しょうがないよね・・なくなっちゃったんなら」

程度で、その後指輪紛失事件にはお互い全く触れず、

ここまで来てしまいました。

 

旦那の指には指輪がないなら、ちょうどいい!

「私は今の指輪と重ねてつけられるものでお揃いのリングをペアで買おうよー!」

 

旦那「えぇ、いいよー。勿体無いよ、あんな高いものまた買うのは」

と、これまた一蹴、そして終了ー・・・

 

私の指輪と重ねてつけられるもの、と言ったら最初に買ったブランドのお店に行かねばならない。

確かに高い・・・という旦那の発想、確かにわかります。

 

私「でもいいじゃんー!結婚10年目だよー!」

 

旦那的には10年目とかそういう話でなく、

現実的なお値段と本当に必要か?の費用対効果を鑑みた結果の

発言だそうです。

 

必要かどうか、と言われるとね・・・

 

(ムムム・・・なくしたくせにー!)

とここで関係ないことを責めたくなる私。

しかしここはぐっと堪えます。

 

じゃぁどうしよ、プレゼント・・・

 

欲しいものないし、じゃぁいいか!

モノはなしなし!

 

ここで、もう若干やる気がなくなって来ました。

 

(また近くなったらか考えよー)

 

これが完全にアダになりました・・

 

結婚記念日お祝いするための旦那囲い込み作戦 その3 家族皆でお祝いしよう作戦 

f:id:shinam:20171113124119j:plain

ここ最近、このブログを始めたり、フリーランスとしてトライしよう!と決めて

色々動いていたら、あっという間に結婚記念日が近づいて来ました。

 

ヒマなときはだいぶ前から考えていたのに、忙しくなると、

若干どうでもいいやと思い始めてくる、なんて単細胞なワタシ・・・

 

いや、でも後悔するし何かしときたい!と

 

私「ねぇ結婚記念日来ちゃうね。どうしよう?」

 

旦那「あぁオレもそれ考えてた。どうしよっか?」

 

私「泊まりはもう厳しいね。みんなで外食する?」

 

旦那「みんなで行くところといえば、いつものファミレスとかになっちゃうよ。」

 

私「えぇ、それは嫌だな。鉄板焼きとかせめて行こうよ。」

 

旦那「子供たちは楽しくないでしょ、そんなところ行っても」

 

私「子供たちは主役じゃないからいいでしょ、今回は。私たち夫婦のイベントに付き合う側なんだから。

たまには、きちんとしたところに連れて行くのも良い機会でしょう。自分だって、子供の頃行った記憶が

鮮明に残ってるって言ってたじゃない?」

 

旦那「うーん、でもまだいいよ。いつものように、ギリギリまで公園で遊ぶだろうから、お家でケーキ買ってお祝いしよ」

 

私もこれで一気に意気消沈し、

 

私「じゃそうしますか!」と言って事前打ち合わせ終了しました・・・

 

家で祝おうったって作るの私でしょ??

 

もういい!

 

いつもと同じメニューでもういいわ・・・

 

完全にイジけたモードです(苦笑)

 

このイジケモードなかなかなおりませんよー。

 

ここでねぇ、私がもうちょっと素直にねぇ、

 

「せっかくの10周年だから、もっとしっかりお祝いしたいよ」と、

 

素直に言えればいいのにね・・・

 

なぜ言えない?

 

素直になれない38歳(笑)

 

まだまだ修行が足りません・・・

 

この素直になれない自分が自身で首を締めます(苦笑)

 

さぁこの流れから、当日はどうなるのか?

 

後半へ続く!

追伸:ブログランキング始めました〜