38歳主婦、フリーランスに転向し旦那を屈服させる下克上夢物語

3人の子育てをしながらフリーランスに転向するまでの挑戦記

いざ、フリーランスとしての営業面接!

f:id:shinam:20171110103128j:plain

こんにちは、しなのです。

 

昨日、会社の面接に行ってきましたー!! 

(面接に行くことになったお話はコチラ↓↓

「フリーランス」という立場で面接を受けることにした )

 

昨日は面接の後の脱力感と久しぶりのヒールで、

帰りの電車で爆睡してしまいました(笑)

 

さぁ、結果はいかに???

 

 

 

大人は、履歴書よりも具体的に何ができるかを面接時に話せることが大事

 面接は午後からなので午前中は、

「会社のこと、商品のことをサイトで知りえる限り勉強をして備えよう!」

ということで、サイトやメディアを見ながら勉強することに取りかかりました。

 

思えば、最初の就活の時は全く余裕もないし、

面接の当日ギリギリまで、履歴書を見ながら

面接の時に何を聞かれるかの想定問答とかを

やっていたような気がします。

 

しかし、私ももはや38才大の大人ですし、

営業職を求めていると聞けば、

商品・サービスを自分が営業することを想定して、

会社のこと、商品のことをできるだけ早く理解して

即戦力として見ていただけることが大事だろうなと思い、

できる限りの事前予習することに。

 

いやぁ、今回の会社の取扱製品は、

あまりに内容がカタイ、専門的な商品で、

営業する相手は技術者の皆様・・・

ズブの素人がどこまで理解して営業できるものなのか?

 

正直、全く想像できない・・・

 

商品の説明を読んでも

「これは異国語?日本語ですよね…?」

全く理解できないのです・・・

とにかくわからない単語を一つ一つググっていくしかなさそうだ・・・

 

「なになにシグネチャ?エンドポイント…?」

 

いや、仮に営業では私を使ってもらえないならば、営業補佐とかで社内でできることはあるだろう!

 

どこまでも前向きに今回は前のめりで攻めるぞ!

と自分に喝を入れて、とにかくめげることなくググりながら、読み進め、メモを取り、聞きたいことをまとめました。

 

よし、質問も素人丸出しのモノばかりだが、揃った!

知ってます風を装うよりも、

全く知らないことをさらけ出し、

実際どれだけ理解できるか、

見てもらうに限る!

 

いざオフィスに出陣だー!

 

 

 立派なオフィスビルで起こっていること 

遅刻はもちろんあってはならないので、

念には念をで、2〜30分前には到着できるよう出発します!

 

予定通り、20分前に到着!

はぁー、これまたでっかいビルに久しぶりに来たわー…

そうそこは、オフィス街ど真ん中、誰もが聞いたことがある名のビル。

一階ロビーには警備員やら受付嬢の皆さんが並んでいる…

会社を退職してからは、大きいオフィスビル早々行ってないもんで少し気後れしてしまいます(~_~;)

 

なにより、12時台のお昼休み時間なもんで、人の行き来が半端ない!!

このビルでこんなにたくさんの人が働いているのか!そして皆12時に昼休みなんだー!

 

ビルの地下に行ってみると、どの店も行列が…ベンチは全く空いていなく、立って空席を待っている人も…

まるでディズニーランドだわー!

(て最近もこんなに混んでるのかな?)

たった1時間しかない昼休みにこんなに並んで食べなきゃいけないのー?

てか、ずらしちゃダメなのかね、昼の時間?

 

朝は通勤のラッシュの電車に乗って、

昼の貴重な1時間にこの行列に並んで、

そして通勤ラッシュの電車に乗って帰っていく…

 

まだ多くの人がこういう生活送ってるわけですよね。

それなら、違う動きをするだけで、何か新しいモノ生まれるのかもしれない、とここで思ってしまいました。

 

さぁ面接の本番だ!

 しかし、受付の電話をかける時さえ戸惑う私…

 

(会社名なしの私って名字だけ言えば良いのでしたっけ??)

 

「株式会社〇〇の▲▲です」

とはいえない違和感を感じる私は、

間違いなくまだ会社員の意識抜けてません・・・

 

「▲▲と申しますが、本日◇◇様と1時よりお時間いただいております」

と、とりあえず言えました(笑)

 

通してもらった元上司のお部屋は角部屋のいいところ。

 

そこには、ご紹介くださった元上司の方と、今回募集をかけてる会社の社長。

 

「あっ、どこにも所属していないもので、名刺を持ち合わせていないのですが、初めまして▲▲です!」

と焦ってご挨拶いたしました。

 

最近やっていない名刺交換に焦り、

そして交換する名刺がないことに焦り…(苦笑)

 

実は、どれだけ会社の名前・名刺に頼っていたのかを改めて実感しました…

 

しかし、ここは私を示せるもの唯一の履歴書と職務経歴書を

取り急ぎすぐにお渡しして、面接スタートです!

 

面接と言っても、面接という感じではなく、

今会社で何が起きているかを中心に話してくださり、

それに私が都度質問をしていく形で話は進みました。

何はともあれ、「製品を売るのにどれだけ習熟できるか」が大事なので、

今の時点で私がマッチしてるのかどうは正直わからないから、

とにかくやってみますか!

となりました。

 

「ほぼ出来たての会社で、何もかもこれから作り上げていくので、

むしろ▲▲さんの希望を聞いてそれに合わせてやりましょう」

とさえおっしゃって頂きました!

 

そこで私は、家庭の事情やこれからの働き方についてを話し、

  • フルタイムではなく、稼働時間を制限して活動したい
  • 保険等自分で支払うので、業務委託契約という形を取らせてほしい

と相談しました。

 

結果は・・・

「まずはそれでやってみよう!よろしくお願いします!」

 

やったー!!!

f:id:shinam:20171110182827j:plain

初めてのクライアントさん(になるのかな?)獲得ですー!

 

あとは値決め!!

これがねぇ・・・ワタクシ最も苦手・・・

会社に勤めていた時も給与交渉なんてほとんどせず、

言われるがままにいただいていましたもんで・・・

外資じゃ通用しないよ!って言われそう・・

 

私もこの会社に何をご提供できるか、まだ正直わからないもので、

 

私「じゃぁ月〇〇円(区切りが良い、そしてかなり謙虚な金額のつもり)とか、

そういう形での月額とかでいかがでしょうか?」

 

社長「じゃ月〇〇円(私が言った謙虚な金額)でどうかな?」

 

私(上乗せはなし?ですよねぇ(苦笑)と心で叫びながら、

 

私「はい、ではそれでお願いします!」

 

 という結果となりました。

 

いやしかし、最初はそんなものですよね!

ましてやここ数ヶ月ほぼ無収入だった身からすれば

少しでもいただけるのは大変有難いです!

そして何よりも、フレキシブルな時間で働いても良いと言ってくださったんですから!!

 

 

 

いやぁ最高の1日になりました!

実際に動き始めるのは来週から。

どんな感じでお仕事していくのかは様子を見ながらということで、まずは営業同行させていただくことになりました。

 

目標のフリーランスで会社員時代と同じだけ稼ぐことはできるのか?

今回のお仕事で実際にいただく金額は、会社に勤めていた時の約6分の1。

ということは、あと6分の5は、それ以外の時間で稼がないとならない。

しかし、稼働時間が少ないとは言えど、週3程度は拘束されるわけで・・・

この計算だと無理だわ・・・

 

となると、進むべき道は・・・

  1. この会社でムッチャ頑張って評価してもらい一気に月額フィーを上げてもらう
  2. この会社での稼働時間をもっと少なくし、他のところで稼ぐ

のいずれかですね。

 

まぁそれも含めてまずは、

今回の会社で、いただく予定のお金以上は働いてもらっていると思ってもらえるよう頑張り、それから考えたいと思います!もちろん時間も調整しながらね♪ 

 

まずは第一歩かな!

今日は、この報告もこのブログでできたし、

ビールがきっと美味しいわー!!

 

みなさま今日も1日、そして今週も1週間お疲れ様でしたー!(金曜日のノリ(笑)